スポンサーリンク

丈夫な血管を作るためにすることは 動脈硬化予防にたんぱく質

ダイエット

動脈硬化は10代から進んでいきます。
30代で動脈硬化が表れると専門家はいいます。

血管を丈夫にするにはたんぱく質が欠かせないと言われています。
そのほかにも丈夫な血管を作るために必要なことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

動脈硬化について

血管を強くする1

動脈硬化の始まりは10代ですでに始まるそうです。
小学校の終わり頃から始まると言われています。

動脈硬化とは年齢とともに血管が老化していくことです。
年齢が若いからといって血管年齢が若いとは言い切れません。

年齢が若くなくても血管年齢が実際の年齢よりも若い人もいます。
動脈硬化についてはこちらにもまとまてあります。

動脈硬化が怖いのは、血管の血液の流れがスムーズに流れずに脳卒中や心筋梗塞などの病気が起こる
ことにあります。

生命にも関わる危険があるので普段から予防をしておくことが大切です。

丈夫な血管を作るために

血管を強くする3

血管の老化の原因はいろいろあります。
運動不足や生活習慣、ストレスや喫煙などから血管が老化すると言われています。

血管を丈夫にするためには食事や運動が大切です。
脂質の多い食事は控えて野菜や魚などやたんぱく質を意識して食べましょう。

炭水化物も控えめに塩分の摂り過ぎにも注意しましょう。

また運動といっても普段歩くときに早歩きをしたり、両手をグーパーさせるだけでも
違うといいます。

体を温めることも大切なので、入浴もシャワーで済ませるのではなく湯船につかりましょう。

丈夫な血管を作るために必要なたんぱく質

血管を強くする

丈夫な血管を作るために必要なのがたんぱく質です。
魚には脂肪酸のEPAを含んでいますし大豆もポリフェノールを多く含みます。

たんぱく質は、魚や乳製品、大豆製品、魚貝類、肉(牛・豚のヒレ、モモ、肩、鶏の刺身、胸肉)
などがいいと言われています。

大豆は良質なたんぱく質で血液をサラサラにする効果があります。
豆類を摂ると食物繊維も摂れるので積極的に食べるようにしましょう。

おわりに

普段から早歩きをしたり、グーパーするだけでも効果があることを知りました。

食事ではたんぱく質の食品を積極的に食べることが、丈夫な血管を作ることにも
つながりますね。
じゅんTA

コメント

タイトルとURLをコピーしました