歯周病を予防する 歯磨き指導と歯石取り

オーラルケア

現在虫歯があるので歯医者に通っています。
歯周病はないようですが、治療をしながら歯の汚れを取り除いてもらっています。

歯周病を予防するには歯磨きや歯石を歯医者で取り除くことも大切だと思います。
歯石を取り除く方法もいくつかあるのでまとめてみたいと思います。

歯周病を予防する

歯石除去2

歯医者では特に歯周病とは現在のところは言われていませんが、汚れがあるので汚れを
落としたり、歯石を取り除きながら歯医者で虫歯の治療をしています。

自宅では歯垢が歯石になってしまった状態では、なかなか歯ブラシだけで取り除くことは
とても難しいです。

歯石を取り除くのは少し痛いのですが、そのままの状態にしてしまうと歯周病になってしまいます。
歯周病は最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

歯周病についてこちらにまとめてあります。

自宅での歯磨きはもちろん大切ですが、歯医者に行くと歯磨きの指導もしてくれます。
歯周病になっていないか定期的に検査をしたり、歯石を取り除くことも歯医者で行ってもらえます。

[adsense]

歯石取り

歯石除去1

歯周病を予防するには歯垢がつかないことが大切です。
歯周病の原因は歯垢、つまり細菌がたまって歯茎の炎症を起こします。

歯磨きを毎日していても磨き残しや歯垢が取り除ききれなかった場合に歯石となってしまいます。
個人で歯石を取り除くことは非常に難しいと言われています。

一般的に歯医者に行って取り除く方法があります。
歯石を取り除くには先のとがった器具で歯の1本1本を除去していきます。

歯石を取り除く時に少し痛い感じがします。
一方超音波での歯石をとる歯医者もあって、こちらの超音波での方法は痛みがないようです。

近所に超音波の歯石を取り除く歯医者があったらそちらに行ってみたくなりました。
歯周病メンテナンスのために歯石取りの場合は保険も適用されるということでした。

歯磨き指導

歯石除去3

以前通っていた歯医者は定期的に歯の汚れがついていないかをチェックしていました。
汚れが残っていると、歯が赤くなります。

自分ではきちんと歯磨きをしているつもりでも磨き残しや歯磨きの仕方などもわかるので、
力を入れるだけでなく、丁寧に磨かなくてはいけないことがわかりました。

歯ブラシも歯の場所によって大きさなども違う方が磨きやすかったり、糸ようじやフロスを
使って歯のそうじをすることも大切です。

糸ようじとフロスのどちらがいいのという質問があって、フロスの方が歯肉を傷つけないような
ことが書いてありました。

おわりに

歯医者で歯石を取り除いてもらうときに痛みが少なからずあります。
超音波を体験したことはないのですが、近所にあれば1度体験してみたいと思いました。

歯石を取り除くことは歯周病の予防にもなりますので、自宅での歯磨きで歯垢を取り除くことも
大切ですが、歯石を取り除いて歯周病を予防することも大切ですね。
じゅんTA

サイト内検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました