スポンサードリンク

豆腐の栄養と健康効果・効能|ボケ・脳卒中・心筋梗塞を予防、肥満の解消効果も

健康に役立つ栄養学・効能

「豆腐の種類と栄養・健康効果」についてまとめました。このページは「健康に役立つ栄養学・効能」カテゴリーに保管しておきます。

このページの趣旨は…私自身が豆腐の健康効果や成分について深く学びたいということと・豆腐について検索された際に役立つページにしたいということでまとめました。

今後も、豆腐についての情報を集め必要なものを追記していきます。

豆腐に含まれる栄養成分

・たんぱく質
・イソフラボン
・カリウム
・レシチン
・カルシウム

豆腐による健康効果・効能

大豆は、日本人の生活に古くから利用されてきた健康に役立つ食材で…豆腐を始め、納豆豆乳、みそ、醤油、湯葉、油あげ、きな粉などに加工され広く利用されてきた。

ここつい最近増えてきた骨粗鬆症による骨折において、欧米人の女性より日本の女性の方が少ないと言われているのは大豆を使用した食品を多く食べているということがあげられる。※更年期障害の比率も日本人の方が比較的少ない。

また、アメリカの栄養士会は「乳がんの予防に大豆を摂取するには10代が特に大事な時期」と指摘されている。ここからも、大豆を使用した食品は上手に取り入れるべきだと言える。

大豆は、がん抑制効果のある食材の中でにんにくキャベツと並んでトップクラスに入る健康食品。豆腐、豆乳、みそ、きな粉などを組み合わせれば日々取り入れることができる。

・ボケを防ぐ
・脳卒中・心筋梗塞の予防
・コレステロールを下げる
・抗酸化作用
・血流を良くする作用
・免疫力アップ
・更年期障害の緩和作用
・骨粗鬆症予防

たんぱく質

エネルギー源となる3大栄養素の一つ。中性脂肪や内臓脂肪を減らす作用があり、ダイエットなどの原料に効果的。大豆たんぱくには、コレステロールを低下する作用があり、イソフラボンによって血圧を下げたり・血栓を防ぐ事から、脳卒中や心筋梗塞の予防も期待できる。

イソフラボン

大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの仲間で、体内で女性ホルモンのエストロゲンのような働きをする。閉経前後の女性の様々な不定愁訴の予防や改善に効果的として注目を浴びている。※不定愁訴:「頭が重い・イライラする・疲労感が取れない・よく眠れない」などの、何となく体調が悪いという自覚症状のこと。

女性ホルモンには骨からカルシウムが溶け出すのを防ぐ働きもある為、分泌量が減ると骨粗鬆症になる危険性が増す。この予防にイソフラボンが威力を発揮する。

骨量の減少を防ぎ、骨量を増やす効果が期待できる。豆腐は、近年増えている「骨粗鬆症予防」に役立つ食品なため、意識して摂るようにすることが大事。

カリウム

カリウムは、ナトリウム(塩分)を体外に排出させて血圧を安定させる。高血圧の予防には、カリウムを十分に摂ってナトリウムの排出を促すことが大切。カリウム1に対してナトリウムを2以下にするとバランスが摂れる。

レシチン

レシチンの摂取で、記憶力を高め、認知症を防ぐ効果も期待できる。コレステロールが血管の壁に付くのを防ぐことで動脈硬化の予防と改善も期待できる。

レシチンは卵にも多く含まれる脂質で脳の働きを支える栄養素。

カルシウム

カルシウムは、日本人に不足しがちなミネラル。丈夫な骨や歯を作り、筋肉と神経の働きをバックアップする。カルシウムが慢性的に不足すると骨折や骨粗鬆症を起こす可能性が高くなる。女性はホルモンの影響で骨量が減少しやすいため気をつけるべき。

また、神経過敏な状態となり肩こりや腰痛を引き起こすこともある。

豆腐のレシピ、その他

関連レシピ
お豆腐パンしょうが風味!?ベジプレートのお供に!
スライス豆腐のピザ風味!?豆腐で簡単おやつもバッチリ!
ダイエッターに嬉しいスイーツ!?お豆腐deティラミスの作り方!
豆腐と鶏むね肉でヘルシー唐揚げ!にんにく&生姜アレンジ《ギャル曽根》
ギャル曽根レシピ豆腐でカサ増しロールキャベツ
ピーマンの練りゴマ豆腐詰めレシピ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました