スポンサードリンク

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」←このシリーズで一番おいしいかなぁ~!

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」←このシリーズで一番おいしいかなぁ~! カップヨーグルト

ポッカサッポロから発売の”ソヤファーム「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」”を購入して食べてみました。

商品の写真や概要、カロリー&原材料、口コミ評価をアップしています。

「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」は、豆乳ヨーグルトの中では”かなりおいしい”商品です。

コレステロールが気になる方でヨーグルトを取り入れたい!と考えている人ならお薦めできるヨーグルトですよ。

スポンサードリンク

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」

豆乳を乳酸菌で発酵させて作った植物性のヨーグルトなので、4種の生きた乳酸菌と豆乳由来の大豆イソフラボン、大豆たんぱく質を一度に摂取できます。さらに血清コレステロールを低下させるはたらきがある大豆たんぱく質を含んだ特定保健用食品です。ブルーベリー果肉入りの甘酸っぱい味わいです。
乳製品を使用しておりませんので乳アレルギーの方にも安心してお求めいただけます。

公式サイト
ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」

発売:-年-月-日(2019年4月リニューアル)
商品:ソヤファーム 豆乳で作ったヨーグルト「ブルーベリー」
容量:110g
価格:100円(税別)
会社:ポッカサッポロ、製造:トーラク
購入:スーパーマルエツ
備考:植物性乳酸菌配合
特定健康食品:コレステロールを低下させる

カロリー&原材料

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」原材料

名称:はっ酵豆乳食品(生菓子)
原材料名:豆乳、ブルーベリーソース(ブルーベリー果肉、砂糖)、砂糖、食物繊維、レモン濃縮果汁 / 増粘剤(ゼラチン、加工デンプン、増粘多糖類、寒天)、塩化マグネシウム含有物、酸味料、香料、甘味料(スクラロース)、(一部に大豆・ゼラチンを含む)

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」栄養成分表示(カロリー)
栄養成分表示1個110gあたり
エネルギー79kcal
たんぱく質4.8g
脂質2.8g
コレステロール0mg
炭水化物8.8g
食塩相当量0.1g

大豆たんぱく質:3.7g

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」口コミ評価

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」口コミ評価

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」は、豆乳を乳酸菌で発酵させ作ったブルーベリー風味の豆乳ヨーグルト。

大豆イソフラボン、植物性乳酸菌が同時に摂れる。コレステロールを低下させる特定健康用食品。

ソヤファーム「豆乳で作ったヨーグルト」シリーズは、紹介していないものを含めると全商品食べています。その中で今回頂いた「ブルーベリー」は一番おいしかったです。

やっぱり、ブルーベリーとヨーグルトの組み合わせは”ほぼ最強”ですね。

イチゴやりんごのフレーバーも美味しいけど…相性という点では私的には一番だと思っています。

ポッカサッポロ「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」は、とろっとタイプのヨーグルトにほんのりゼラチンを加えたような硬さかな~。

ブルーベリーヨーグルトのいつもの風味(なじみのある)に、豆乳ヨーグルトの優しい酸味でまろやかなブルーベリーヨーグルトといった感じでしょうか。

まろやかに感じるのは酸味がやさしいのもあるけど…豆乳の特徴が出ているから?なのかもしれないですね。

豆乳の特徴といっても「豆乳クサさはほぼ無い」ので、豆乳のニオイが苦手な方にも利用しやすいヨーグルトだと思います。

豆乳で作ったヨーグルトシリーズを全商品?利用しているけど…「ブルーベリー」なら毎日続けやすいおいしさです。

”特別おいしい!”ところまではいきませんが、お薦めできる豆乳ヨーグルトだと思いました。

コレステロールが気になる人や豆乳ヨーグルトの乳酸菌のパワーに肖りたい人ならお薦めできる商品ですよ。中々おいしかったです。ごちそうさまでした!

※おいしい点数:5.0点満点中 → 3.7

豆乳で作ったヨーグルトシリーズ

豆乳シリーズもいくつか利用しているので一部ご紹介しておきます。その中でも今回ご紹介の「ブルーベリー」は圧倒的においしかったかな~。

豆乳で作ったヨーグルトの魅力

植物乳酸菌は植物由来の乳酸菌の事で…ぬか漬け、キムチ、みそ、醤油など、植物性の発酵食品に含まれるものを言います。

一般的には、植物乳酸菌の方が動物乳酸菌よりも耐性が強いと言われます。これは、動物由来の環境に比べると栄養源が乏しい環境で育成されるからです。

デメリットは、通常のヨーグルトと違い「カルシウムが摂れない」事ですね。

植物乳酸菌はお通じに効果的なのか?

色々なヨーグルトで「生きて腸まで届く乳酸菌」とよく聞きますが…こういう点でみると”耐性が強い”植物乳酸菌の方がお通じにも良さそうですね。

ただ…私の経験則では、一般的な動物乳酸菌の入ったヨーグルトの方がお通じには効果があるように感じています。

私が主に利用しているのは「小岩井生乳100%ヨーグルト」です。無糖のプレーンヨーグルトでは圧倒的においしいと思います。

私の体質にもあっているのか「お通じにも効果的」です。

ヨーグルトの1日の摂取量

豆乳で作ったヨーグルトシリーズの1日の摂取目安は”2個”とカップ表示されています。

また、1日の摂取目安や便秘時の摂取量については上の記事でまとめているので…便秘で困っている人や興味のある方はチェックしてみて下さい。

ヨーグルトおいしいランキング

今まで利用してきたヨーグルトをまとめランキングコンテンツを作っています。今回頂いた「豆乳で作ったヨーグルト(ブルーベリー)」は、果たして何位に?

コレステロール高めでヨーグルトを取り入れるなら「ブルーベリー」はおすすめです。私も気になるようになったら豆乳で作ったヨーグルトを継続的に利用するかもですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました