スポンサーリンク

深い呼吸のコツ!?耳ひっぱりvsランニング&筋トレ!どっち?

ヨーグルト日記

おはようございますカズです。昨日は「深い呼吸で不安やストレス激減!?トレーニング効果抜群です!」という日記をアップしました。

この閲覧数が思った以上にあったので「浅い呼吸で悩んでいる人が多い」と感じたんですよね。

以前「耳ひっぱり」で改善した経験があるので今のトレーニングも踏まえて話してみます。

スポンサーリンク

耳ひっぱりを過去に試した経緯があります

1日1分であらゆる疲れがとれる耳ひっぱり
著者:藤本靖

耳ひっぱりで疲れがとれる仕組みは、耳をひっぱるだけで「ぎゅうぎゅうに固まっていた頭や内臓が緩み」体がリラックスしてしまうというもの。

心臓や胃や横隔膜が緩むことで深い呼吸がしやすくなります。

今から6年ほど前、体調不良に悩んでいる時期があり、この本で学び浅い呼吸を改善した経緯があります。

いつでも、どこでも、何時でも?簡単に行えるのが魅力のカラダリセット方法。

ランニング&筋トレが私はオススメ

耳ひっぱりは、簡単に行えるのは魅力ですが、有酸素運動&筋トレの方がより効果的です。

私は運動不足の40代。ここ1年以上運動をしないことで便秘はひどくなり、全体に不健康になりつつありました。

体は疲れやすく、ストレスも溜まりやすく、呼吸も浅くなっていました。また、足の筋肉も落ち「膝も緩くなって」いました(以前ひざ痛で悩んでいた経験あり)。

でもね、ここ数週間のトレーニングで全てのことが改善されています。

年齢を重ねれば、いろいろなところにガタがきます。そのガタを食い止めたり改善するのにトレーニングが効果的です。

浅くなりがちな呼吸も、あっという間に改善されたし、トレーニングしたあとは本当に気持ちいい!

手間はかかるけどトレーニングが最強

運動を始めるのは「面倒くさい」と思う人も多いでしょう。でもね、いつまでも健康を維持するなら運動は必須です。

出来るだけ健康でいたいなら運動は取り入れるべき。浅い呼吸は勿論なこと、膝痛や肩こり、ストレス改善効果も得られます。

出来る範囲のトレーニングで良い

  • 有酸素運動
  • 筋力トレーニング

深い呼吸のコツは、有酸素運動と筋力トレーニングをできる範囲で行うことです。

筋トレは「腕、腹、胸、(出来れば背中も)」を自重トレでもダンベルを使ってもいい。

ランニングがキツければウォーキングでいいし、最初は膝に負担をかけずに行なってください。

有酸素運動はカラダの巡りが良くなります。また、動物として最も重要な足腰が鍛えられます。足腰が弱くなると老化はより進みます。

運動不足の方は膝や足首に負担をかけると多くの場合怪我します。※気をつけて!

一方、太もも(膝周り)に筋肉がつくと膝周りのクッションとなり膝の痛みが軽減されます。

ひざ痛は膝周りの筋肉を鍛えろ3ステップ!骨盤底筋群・内転筋群・大腿四頭筋
年齢とともにひざ痛というのは出てきて、ひざ痛のほとんどの人が変形性膝関節症という症状です。年齢によるひざの痛みは、膝の潤滑油とされる軟骨が減ることで起きてしまいます。 このひざ痛は「関節や筋肉の柔軟性を持つ」「ひざ周りの筋肉を付ける」...

ちなみにカズの場合、30代後半から膝の緩み・膝の痛みが始まりました。現在、この膝の痛みは改善されています(筋肉が落ちると痛みが出てきます)。

繰り返しますが、トレーニングは出来る範囲で行えば良いです。深い呼吸になり、変な不安やストレスは軽減さますよ。

編集後記

トレーニングを始めたのが数週間前。最初、ランニングがキツかったけど、走り終わった後の爽快感はたまらない物があります。

自宅トレーニングの場合、筋トレだけの方が手間はかからないけどランニングは欠かせないですね。

今日も早朝からランニングしてきましたよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました