スポンサーリンク

大塚製薬「ソイジョイ ブルーベリー」口コミ評価!イソフラボン配合〜

栄養調整食品

今回は〝大塚製薬「ソイジョイブルーベリー」〟を利用してみた。商品の概要やカロリー&原材料、口コミ評価をアップしています。

ソイジョイって、なんか地味だけど…食べるほどに癖になるかも。あのしっとり具合と後味の良さも魅力なのかもしれないですね。

スポンサーリンク

大塚製薬「ソイジョイブルーベリー」

発売:-年-月-日
商品:大塚製薬「SOYJOYソイジョイ ブルーベリー」
容量:30g
価格:-円(税別)
会社:大塚製薬
購入:クリエイト
備考:大豆プロテイン・イソフラボン・食物繊維入り

カロリー&原材料

栄養成分表示1本30g
エネルギー134kcal
タンパク質4g
脂質7.4g
-飽和脂肪酸3g
-トランス脂肪酸0g
コレステロール5〜11mg
炭水化物15.2g
-糖質11.3g
-食物繊維3.9g
食塩相当量0.07〜0.17g
大豆イソフラボン18mg

大塚製薬「ソイジョイブルーベリー」口コミ評価

どこを食べてもブルーベリーを感じる贅沢な味わいに

公式サイト
大塚製薬「ソイジョイ ブルーベリー」

大塚製薬「ソイジョイブルーベリー」は、植物性タンパク質、大豆イソフラボン、食物繊維など、大豆丸ごと栄養の詰まった栄養補給食品。

ソイジョイ ブルーベリーは、甘さ控えめでしっとり食感。味は素朴で地味な印象だけど…噛めば噛むほど味が出るといった感じ。

原材料を見るとブルーベリーに加え、レーズン、ココナッツ、パインアップルなど使用。大豆の栄養にこだわりつつ、材料のチョイスも良いなぁ〜と思いました。

フルーツ系の甘酸っぱさに加え、ホワイトチョコレートを使用した甘さも美味しさの秘訣。

数ある栄養調整食品と比べ同シリーズは地味な印象だが…この素朴さがソイジョイの魅力なのかもしれないですね。ごちそうさまでした!

Amazonレビューなど

CAN
CAN

これとよく似たのはいろいろありますが、これは主原料が大豆。触感も小麦のものはサクサクってかんじのがおおいのにこれはネチョネチョといった感じで噛みごたえもあり、1本食べれば口さみしさは忘れることができます。

確かに、このしっとり食感は癖になるかもですね!小さいけどお腹に溜まるところも魅力。

freeflyer
freeflyer

カロリーコントロールと安価に抑えようということで、ソイジョイを試してみました。カロリーが150程度なのでお昼までもつか不安でしたが、意外ともってくれます。体重も少し減ってきたかな^^

カロリーや糖質を抑えつつ「意外と持つ」のも特徴ですね。糖質抑えるなら「断然ピーナッツ」がオススメ。

Amazonサイトから一部レビューを引用させて頂いています。Amazonレビュー

リピートする・しない?

  1. ソイジョイ ブルーベリー
  2. ソイジョイ ピーナッツ

大塚製薬「ソイジョイブルーベリー」は、後味が良く好感が持てるので「リピートする」商品。

普通のお菓子より体にも優しいだろうしお腹にたまるのでいい商品だと思う。あと、この手の商品の中で「安い」ところもポイントですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました