40代後半〜公園鉄棒トレ74日目!?腹の日..ハンギングワイパーはキツいね!今朝は2レップス×3セット〜

トレーニング日記

こんにちは、40代後半〜元運動不足のカズです。公園鉄棒トレ(カリステニクス)74日目の備忘録とスクワットの重要性や開脚前屈ストレッチを取り入れるべき理由に触れてみました。

※家トレ歴13ヶ月目、ストレッチ歴11ヶ月目、ディップスタンド・鉄棒トレーニング(カリステニクス)74日目。

公園鉄棒トレ(カリステニクス)74日目の備忘録

腹とフリーの日

  • ハンギングワイパー:2レップス×3セット。
  • ハンギングニーレイズ:10レップス×2セット。
  • Lシットプルアップ:9レップス、8レップス。
  • 片脚スクワット:3レップス×3セット。

  • スキャプラープルアップ:練習。
  • アンイーブンプルアップ:練習。

今朝のトレーニング時間は20分弱。

ハンギングワイパーはやっぱりキツい

今日は腹の日で…メインメニューには「ハンギングワイパーとハンギングニーレイズ」、サブメニューとして「Lシットプルアップ」を行いました。

ハンギングワイパーは相変わらずキツい。そもそもの私の筋力では負荷が高すぎるメニューなのかもしれない。

でもね、継続することで2レップスまで伸びてきたし・3セットまでこなせる回復力もついてきた。もう少し継続すれば…「3レップスもいけるかも」←こんな手応えも出てきた印象です。

片脚スクワット…もう少しで4レップスいけるかも

ハンギングワイパー同様、片脚スクワットの方もレップ数を伸ばせそうな雰囲気になってきました。「左脚はもう少し」「右脚ならギリギリ出来そう」←こんな感じ。

片脚スクワットは毎回やってきたこともあり…太腿がむっちり・ガッチリしてきました。元運動不足で中高年の割には「まあまあ良い脚(笑)」になっていると思います。

スクワットだけはやってほしい

膝周りに筋肉がないと膝痛の要因となる。私自身、膝痛で悩んでいた過去があり「スクワットで改善された実績」があります。

手術をするほどの膝痛なら別ですが…スクワットほど効果のあるものはないと思います。様々な改善方法・ストレッチ等を試した結果出した答えです。

もちろん、スクワットで筋肉を付けつつ・ストレッチを取り入れるとより効果的です。ストレッチも色々試した結果…最も時間効率よく効果的なのは「開脚ストレッチ」でした。

開脚前屈ストレッチなら膝が伸びない!も改善できる

鉄棒トレーニングが楽しくてサボりがちになっているけど…中高年でやるべきストレッチは「開脚前屈ストレッチ」です。

先程話した「膝痛予防に効果的」だし、中高年から心配の「膝が伸びない 」を改善・解消効果がモロにある。

あと、中高年の体が硬いは「血管年齢の高さ」ともリンクします。血管系の大きな病気を予防する上でも開脚前屈ストレッチは最強だと思います。トレーニングの継続&食事管理し健康で強い体を作りましょう!

サイト内検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました