ヤクルト400の実力は驚異的!?生きて腸まで届く乳酸菌の量が桁違いです!

ヤクルト400の実力は驚異的!?生きて腸まで届く乳酸菌の量が桁違いです!

ほとんどの方が飲んだ経験あるでしょうが、たった80mlの小さいパッケ時の中でたくさんの量の質の高い乳酸菌が含まれているのがヤクルトで、これに含まれてるシロタ株という乳酸菌は有名。

1本当たり400億個も含んだ乳製品飲料で、トクホ認定されてる保険機能がある成分に、乳酸菌以外に複数あって、おなかの調子を整えられるものとして乳酸菌以外にビフィズス菌やオリゴ糖などがあります。

スポンサードリンク

ヤクルト400は腸まで届く乳酸菌の量が桁違い

ヤクルト

ヤクルト菌は腸内で乳酸を作って、それが腸を刺激して蠕動運動を活発化して、自然な形で便通を促します。発がん性物質なども抑えてくれて、体内の免疫力を多きく向上させます。

ヤクルト自体法律的に食品で医学的効果を宣伝するのは難しいですが、腸内環境を整えることにより大きな病気のもとを減らして、免疫細胞を増やしてインフルエンザなど感染症予防に効果があるといわれるゆえん。

乳酸菌とビフィズス菌の違い

驚くほど美肌効果を実感!~ブルガリアヨーグルト×豆乳×バナナ~おすすめ!

乳酸菌、ビフィズス菌の違いですが、どちらも腸にいい働きをもたらしてくれますが、両者の違いはわかりにくいもの。

ビフィズス菌は元からわたしたち腸にたくさん生息してる善玉菌であり、酸素がある場所で生きられなくて、大腸に生息。一方で乳酸菌は酸素ある場所でも生息できて、ヨーグルトなど食品にもたくさん含まれます。

乳酸菌定義は乳酸発生させる細菌ですが、その点はビフィズス菌も含まれ仲間とも言えます。ですが、ビフィズス菌は酢酸も産生してここが両者大きな違いとなります。

乳酸菌、ビフィズス菌はとても大事なもので、腸内で生息してるかいないかの違いで分類されてるだけで善玉菌を増やし健康な体を作るといったことに関していうと、似てる菌ということを覚えておいてください。

小さいパッケージで大人なら三口ぐらいの量で数秒で飲めます。錠剤は水と一緒に飲むことになったり条件があります。そして、ヤクルトはスーパーで買いに行く手間がなく、買い忘れもないです。定期的にヤクルトレディーが届けてくれるのです。
参考:乳酸菌シロタ株(ヤクルト)の効果・効能

生きたまま腸まで届く乳酸菌の量が驚異的

【体験談】ヤクルトのおかげで痔を改善!?健康のため5年以上継続中!

ヤクルト社の発表では、糞便1gに乳酸菌シロタ株の回収をしたら7千万個程度確認されましたが、これはほかのメーカーのサプリで越えられない数量と言われていて、それだけ脅威的量が生きたまま腸に届く証拠なのです。

ヤクルト菌で腸内が活発化されビフィズス菌は腸を助けてくれますが、大腸菌数は糞便1グラム当たりで計測してみればヤクルトを飲んでてる方は600万個、飲んでない人は3千万個と圧倒的差がありました。

悪い菌を減らす力があって、実験でも3週間程度にわたり継続的にヤクルトを飲んでいたことが条件で挙げられています。ヤクルト菌のシロタ株の生きたまま腸に届きやすい特徴は他社ではまねできないこと。

ヤクルト社が持つ独自技術であり、ビフィズス菌を多く含むものは複数社から販売されてますが、この菌が含まれてるのはヤクルト社のみです。ヤクルトのメリットは、お子様でも飲めることで、ミルク以外の離乳食など口にする頃から頂けると記載されてます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

ヨーグルト(乳酸菌)の効果・効能|便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効く?2

2015.3.13

ヨーグルトで便秘&下痢の予防・改善効果!?お通じを整えるコツを伝授!

「2016年1月17日更新」 ヨーグルト(乳酸菌)を毎日摂ることは腸内環境を整え便秘や下痢、花粉症の予防・改善に効果があるということはよく…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る