クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て

ポテトガレットのミルフィーユ仕立て!パーティ用にもクリスマスやパーティ料理
ポテトガレットのミルフィーユ仕立て!パーティ用にも

クリスマスやお祝いパーティなどに気軽に出せる、オードブルレシピのご紹介です。見た目は少し凝っていて可愛らしく、パーティなどにはぴったりですが、作り方はいたって簡単です。

パーティメニューで、もう一品何かないかなぁ、なんて時に重宝するのがこのオードブルです。覚えておいたらとっても便利ですよ♪

ポテトガレットのミルフィーユ仕立ての作り方

    材料(3個分)

 

  • じゃがいも…2個
  • ブロッコリー…1/4房
  • ホールトマト缶(カットタイプ)…1/2カップ
  • 合びき肉…100g
  • 玉ねぎ…1/4個
  • さくらんぼ(缶詰)…4個
  • ニンニク…1片
  • オリーブ油…大さじ2
  • 粉チーズ…大さじ2
  • オリーブ油…大さじ1
  • しょうゆ…小さじ1
  • 塩コショウ…適宜
  • クレイジーソルト…適宜

手順1、じゃがいもを切り粉チーズ等をかき混ぜる

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て

じゃがいもは千切りにして、粉チーズとクレイジーソルトをよく混ぜ合わせます。
千切りにしたじゃがいもは直ぐに色が変わってしまうので、手早く調理しましょう。

手順2、じゃがいもを焦げ目が付くまで焼く

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て2

フライパンにオリーブ油を敷き、手順1のじゃがいもを広げて両面に程よく焦げ色がつくまで焼きます。

手順3、クッキーなどの型抜きでくり抜く

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て3

焼きあがったじゃがいもの荒熱が取れた頃、クッキーなどの型抜きで丸くくりぬきます。(型抜きがない場合は、6等分に分けます)

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て4

この時に3つは少し厚めに、残りの3つは薄めに纏めます。厚めの方を底部分、薄めの方を上部に使います。

手順4、各材料を炒める

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て5

玉ねぎとニンニクはみじん切りにします。
フライパンにオリーブ油を敷き、ひき肉と一緒に良く炒めます。

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て6

手順5、ミルフィーユ風に飾り付けて完成

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て7

更にホールトマト、塩コショウ、しょうゆを入れて5分ほど含め煮します。

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て8

飾りのブロッコリーは塩を入れた湯で軽く茹でておきます。鮮やかな緑が濃くなって来たら取り出して冷ましておきます。

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て9

全ての材料が揃いましたら、お皿にレタスを敷き、その上に、じゃがいも(厚め)トマトそぼろ(中央)じゃがいも(薄め)
の順に丁寧に重ねて行き、仕上げにブロッコリーを子房にしたものを飾ります。

これを3つ分作ったら、周りにブロッコリー、さくらんぼを飾り付けて出来上がりです!

さくらんぼの飾りは、お子様向けにしてありますが、代わりにミニトマトなどでもOKです。

出来上がり 食べてみた感想

クリスマスのオードブル(前菜)に!?ポテトガレットのミルフィーユ仕立て10

それぞれの材料を作ること自体は難しくありませんでした。一番時間がかかったのは、最後の飾り付けだったかもしれません。

ミルフィーユ風に重ねてあるので、食べる時に少し食べにくいと感じました。小皿に取り分けて食べて頂ければ、問題ないと思います。

ジャガイモにチーズを入れた所がこのオードブルのポイントです。チーズとトマトの相性は抜群ですので、口の中で上手く混ざる味わいはミートソーススパゲッティを髣髴させる、イタリアンな感じに近いかもしれません。

お子様向けのお祝いメニューとしての提案でしたが、お酒のおつまみにも最高でした。

おわりに…

ミルフィーユ風に重ねた形が特徴のオードブルですが基本の具材さえ作ってしまえば色々応用が利くと思います。

今回は小さな円形に纏めてみましたが、更に豪華にする為にケーキ型にしたりイタリアンな味付けを活かせるようパイ生地の上に乗せてみたりと試してみる楽しみもありそうですね。

飾りのブロッコリーやさくらんぼもお好みによって変えてみても面白いかもしれません。今後も様々な応用でも使えるような、簡単かつ見栄えのいいレシピを紹介していきたいです。

コメント