スポンサードリンク

ブロッコリーの主な栄養分とすごい効能まとめ|保存方法や料理レシピも

健康に役立つ栄養学・効能

冬~春先まで旬となるブロッコリーの栄養分、効果効能についてまとめました。ブロッコリーの美味しい時期は「11月・12月・1月・2月・3月」ごろ。

200種類以上のフィトケミカルを含み、緑黄色野菜の王様ニンジンを超えた「野菜の王様」とも言われています。※ブロッコリーを使った料理レシピも一部紹介しています。

ブロッコリーの凄い効能

ブロッコリーの凄い効能は

  • 血中のコレステロール値を下げる
  • 便秘の解消
  • 新陳代謝アップ
  • 骨の強化
  • 血圧の安定化
  • ガンの予防
  • 免疫力が高まる

風邪やガンの予防に効く

ブロッコリーは野菜としてはたんぱく質を多く含み免疫向上に役立つ。そしてビタミンA・C・Eを多く含む為風邪やガンの予防にもつながる。代謝を向上するビタミンB群も豊富なので「しみ、そばかす」を防ぎ美肌効果もある。

カリウムやカルシウムなどのミネラルも豊富で骨を丈夫にし・血液を安定させる。また、注目なのはブロッコリーの新芽・・・スプラウトに含まれる辛味成分がピロリ菌を減らす効果や発がん物質を解毒する酵素を活性化させる。

このスプラウトには「発毛効果もある」と学会で発表されている。
※近畿大とリーブ21共同研究3月27日学会発表

[adsense]

ブロッコリーの主な栄養分

ブロッコリーの主な栄養分は、ビタミンA、C、E・クロロフィル・カルシウム・カリウム・食物繊維。200種類以上のフィトケミカルを含み「野菜の王様」とも言われている。

ブロッコリーの保存方法

時間とともに栄養素が減ってくるので、袋に小分けしてゆでて冷凍保存する。

備考(花粉症の方へ)

αリノレン酸には、アレルギーを抑える効果があるので「冬のうちにたくさん食べておく」と花粉症予防効果があると言われている。

ブロッコリーの美味しい時期

ブロッコリーの美味しい時期は「11月・12月・1月・2月・3月」ごろ。

ブロッコリー食品成分表

食品成分表100g あたり
エネルギー33kcal
水分89.0g
たんぱく質4.3g
炭水化物5.2g
カリウム360mg
カルシウム38mg
1.0mg
ビタミンAβカロテン 810μg
ビタミンB10.14mg
ビタミンB20.20mg
葉酸210μg
パントテン酸1.12mg
ビタミンC120mg
食物繊維総量4.4g

ブロッコリーを使った料理

コメント

タイトルとURLをコピーしました