スポンサードリンク

にんにくの主な栄養分とすごい効能まとめ|保存方法や料理レシピも

健康に役立つ栄養学・効能

にんにくには、高血圧の降圧作用・血栓防止・LDLコレステロール・中性脂肪を減らす効用他、様々な効果が期待出来る食材です。今回はにんにくの主な栄養分とすごい効能、にんにくの保存方法や料理レシピも一部アップしています。

「にんにくは体を温める食材」ここにも注目して下さいね。(体温が1度下がると免疫力は4割も低下するというデータもあります)

スポンサードリンク

にんにくの凄い効能

  • 疲労回復
  • 代謝を上げる
  • ガンを防ぐ
  • 免疫力を高める

にんにくの主な栄養分

にんにくの主な栄養分は「アリシン・カリウム・ビタミンB1・ビタミンB2」。にんにくには、高血圧の降圧作用・血栓防止・LDLコレステロール・中性脂肪を減らす効用があります。

にんにくは、ガン予防に役立つ食材ということが「アメリカ・中国、イタリアの調査」で分かっています。これは、にんにくの胃粘膜への抗酸化作用や、代謝異常による発ガンの防止作用があるからと考えられています。

にんにくの独特な臭いの成分はアリシン。このアリシンがガンや血栓を予防する効果があり、更に体内でビタミンB1と結び付くと「スタミナ回復」の効果が得られます。

【重要】にんにくは、体を温める食材

にんにくの主な栄養分とすごい効能まとめ|保存方法や料理レシピも2

とても大事なのは「体を温める食材」ということです。健康な人の体温は36.8度前後です。体温が1度落ちると免疫力が4割も低下すると言います。

このようになると病気にかかりやすくなり・太りやすい体になります。30代後半~は、運動や食生活を見直し代謝を上げるようにした方が良いですね。にんにくは、代謝を促進する食材の1つです。

にんにくの保存方法

風通しの良いところにつるす。

にんにくの美味しい時期

にんにくの美味しい時期は「5月・6月・7月」です。岩手県・香川県・青森県などで生産。

食べすぎに注意

にんにくの香りの元である「アリシン」は、強い酸化作用があるので、胃腸の弱い方はお腹を下したり・胃の粘膜を傷つけてしまうこともあります。1日2片程度に抑え、食べ過ぎないようにする。

にんにくの食品成分表

 食品成分表100g あたり
エネルギー134kcal
水分65.1g
たんぱく質6.0g
炭水化物26.3g
灰分1.3g
カリウム530mg
リン150mg
0.8mg
亜鉛0.7mg
マンガン0.27mg
ビタミンB10.19mg
ビタミンB20.07mg
ビタミンB61.50mg
葉酸92μg
食物繊維5.7g

にんにくを使った料理

おわりに

「体温が1度下がると免疫力は4割も低下」します。免疫力は20才頃がピークで「40才になると半減」します。つまり、若いころの食生活を続ければ当然太りますし・運動を取り入れなければ更に太るリスクが高まります。生活習慣病になるリスクも高まります。

にんにくは体を温めるにはとても良い食材です。私も1日2片程度食べるようにしています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました