スポンサードリンク

洋なし(ラ・フランス)の栄養成分と健康効果・効能|ソルビトール・アスパラギン酸・プロテアーゼ・カリウムほか

健康に役立つ栄養学・効能

「洋なし(ラ・フランス)の種類と栄養・健康効果」についてまとめました。このページは「健康に役立つ栄養学・効能」カテゴリーに保管しておきます。

このページの趣旨は…私自身が洋なし(ラ・フランス)の健康効果や成分について深く学びたいということと・洋なし(ラ・フランス)について検索された際に役立つページにしたいということでまとめました。

今後も、洋なし(ラ・フランス)についての情報を集め必要なものを追記していきます。

洋なし(ラ・フランス)に含まれる栄養成分

・ソルビトール
・アスパラギン酸
・プロテアーゼ
・カリウム
・ポリフェノール
・食物繊維

洋なし(ラ・フランス)による健康効果・効能

洋なしは10月~12月に旬を迎え…国内では、山形・長野・青森などで主に生産される。

洋なしは水分と食物繊維が多いことから便秘の予防・改善効果、カリウムを多く含むことから高血圧の効果も期待できる。

また、洋なしに含まれるソルビトールはのどの消炎作用、アスパラギン酸は疲労回復作用、プロテアーゼは消化を助ける働きがある。

・便秘の予防改善
・のどの消炎作用
・ガンの予防効果
・疲労回復
・美肌効果

カリウム

カリウムは、ナトリウム(塩分)を体外に排出させて血圧を安定させる。高血圧の予防には、カリウムを十分に摂ってナトリウムの排出を促すことが大切。カリウム1に対してナトリウムを2以下にするとバランスが摂れる。

食物繊維

食物繊維とは「ヒトの消化酵素で消化されない食品中の難消化性成分の総体」と定義されている。現在は昔と違い腸内細菌による分解・発酵を経てエネルギー源や短鎖脂肪酸に変化し様々な効果があることが解明されてきている。

食物繊維は、腸内の乳酸菌を増やすのを助け腸内環境を整える働きがある。便秘改善にも効果的。ヨーグルトを摂ると相乗効果が期待できる。

ポリフェノール

ポリフェノールは、活性酸素の発生を抑え、発がんや動脈硬化の原因となるLDLコレステロールの酸化を防ぐ。活性酵素を取り除き老化を防ぐ効果、視力回復や肝機能の向上も期待できる。

長寿を伸ばすとされる「サーチレイン遺伝子(長寿遺伝子)」を活性化する効果もあるとされる。

ポリフェノールは水に溶けやすい形で含まれていることから吸収されやすく・摂ってから30分後には効果が出始めるという。一方、即効性はありますが効果が長続きしない。

日々ポリフェノールを含む野菜や果物を摂ることで常に作用を得ることができる。

洋なし(ラ・フランス)の栄養成分表

食品成分表可食部100gあたり
エネルギー54kcal
水分84.9g
たんぱく質0.3g
炭水化物14.4g
灰分0.3g
カリウム140mg
リン13mg
0.1mg
亜鉛0.1mg
0.12mg
マンガン0.04mg
ビタミンB10.02mg
ビタミンB60.02mg
ビタミンC3mg
食物繊維総量1.9g

洋なし(ラ・フランス)の種類と特徴

種類特長
ラ・フランスフランス原産。緑色の果皮に褐色の斑点がはいる品種。芳香に加え、濃厚な甘みとねっとりとした食感が特徴。
マルゲリットマリアフランス原産の大玉品種。果皮は滑らかで美しく熟すと芳香がたつ。果肉は多汁。
スタークリムソンアメリカ原産の濃赤色品種。果肉は白く、甘さと程よい酸味のバランスが良い。
ゼネラル・レクラークフランス原産の大玉品種。香りが強くジューシーで甘みが強い。
バートレットイギリス原産。甘みと程よい酸味、なめらかな食感が魅力。缶詰によく用いられる。
日面紅ベルギー原産。ジューシーで酸味がなくシャキッとした食感が特徴。
オーロラアメリカ原産の品種。甘みと酸味のバランスが良く果肉はやわらか。

洋なし(ラ・フランス)の保存方法、その他

洋なしの保存方法:洋なしが未熟の場合は紙袋などに入れ20度前後の場所で追熟をする。長期保存したい場合には、ビニール袋に入れ冷蔵庫の野菜室で保存。食べる前には、冷蔵庫から出して追熟をする。

食べ頃:皮に傷がなく艶のあるものを選択する。芯の周りを押して、柔らかさを感じたら食べ頃。

外部レシピ
みんなが作ってる洋梨のレシピ(クックパッド)
ラ・フランスの簡単レシピ作り方(レシピブログ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました