50代前半〜腰や肩〝こり・詰まり・痛み〟緩和ストレッチ!今朝もブリッジ&開脚前屈でボディメンテナンス!

トレーニング日記

40才を超えた辺りから体の不具合が増えてきます。50代になると益々加速していくだろうし…60代になればもっと顕著になる筈。

出来るだけ早く運動習慣とストレッチ習慣を持ちましょう!今回は私が推奨するボディメンテナンスメニュー2つを実践しながら紹介しました。

腰や肩が調子悪い方は勿論なこと、膝が伸びない!に悩んでいる人にもおすすめのメニューです。

今朝も雨なので公園鉄棒トレ中止

  • フルブリッジの練習。
  • 開脚前屈ストレッチ。
  • フロントレバー練習。

今朝も雨なので公園鉄棒トレーニングは中止。昨日に引き続きボディメンテナンスの日といった感じかな。

腰や肩〝こり・詰まり・痛み〟緩和ストレッチとは?

  • ブリッジ。
  • 開脚前屈ストレッチ。

40歳を変えると代謝が落ち老化が加速し始める。これを少しでも遅くし・健康で快適な生活を送るなら運動やストレッチは必須です。

私たちの年齢になると〝腰が痛い〟〝腰回りに違和感がある〟〝肩が回らない〟〝肩凝りがひどい〟など、カラダに様々な不具合を感じているのではないでしょうか?

〝ブリッジ〟は…肩周りや背中・腰回りに直接アプローチできます。これらの部位周りの強化と柔軟性アップが図れます。

〝開脚前屈〟は…オールインワン的なストレッチです。股関節を中心に上半身〜下半身まで全身アプローチ。

この2つのメニューを身につければ〝大きな怪我・病気など〟でなければ効果はかなり期待できます。

私自身が49才になってから始めているので…継続さえすればある程度はマスターできると思います。ストレッチ後は肩と腰がスッキリしますよ!

ちなみに…下の動画位のスキルになるまで〝ブリッジで3ヶ月〟〝開脚前屈で半年〟位掛かりました。

40代以上で運動不足だと最初はハードルが高いと思います。怪我をしない程度に徐々にステップアップする事をおすすめします。

では、健康で楽しいフィットネスライフを!

再びフルブリッジを目指して

【50代前半】一般中年男のブリッジへのアプローチ方法・やり方:2021年8月13日
8月13日撮影分。動画再生時間0:57。

私のスキルだと腕や脚が伸びていないので〝ハーフフルブリッジ〟位でしょうか?フルブリッジを目指して再びチャレンジ開始しました。

ストレートブリッジ
ヘッドブリッジ
ハーフフルブリッジ完成..ギリギリだけど(笑)

ブリッジにチャレンジすると〝劣化した自分が分かり易い〟。小学生低学年でも出来るメニューですしね(笑)。

とにかく〝肩が回らない〟し〝腰がやばい〟。

それだけカラダが錆び付いている事だし・普段から上手くカラダを使えていないと言う事です。

再び開脚前屈180°ベターを目指して

【50代前半】一般中年男の開脚前屈&長座前屈(片脚)ストレッチやり方(4倍速):2021年8月13日
8月13日撮影分。動画再生時間2:03(4倍速)。

私の現スキルは〝開脚角度:173°位?・前屈:おでこがつく位〟。再び180°ベターを目指します。

180°ベターまでは程遠い。今回は諦めずにチャレンジしていきます。※前回は今のスキル位でチャレンジは中止(鉄棒トレにハマったのが理由)。

※膝が伸びない!にも効果的です。

フロントレバーマスター目指して

【50代前半】フロントレバー練習:2021年8月13日..〝ネガティブ〟ストラドル少し成長か〜
8月13日撮影分。動画再生時間1:26。

カリステニクスやストリートワークアウトの定番パフォーマンス〝フロントレバー〟。多分、一般人の私が〝マスター出来るか・出来ないかギリギリの難易度〟だと思う。

今朝もフロントレバー練習のみ軽くやった。時間があったらその他自重力トレーニングをやるかもです。

〝ネガティブ〟フル→ワンレッグ

〝ネガティブ〟ストラドル→タック

タックフロントレバーで締める

サイト内検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました