40代後半〜家トレ歴10ヶ月目「胸板が厚いですね!」と褒められた(笑)!

トレーニング日記

こんにちは40代後半〜元運動不足のカズです。今日は胸トレとして腕立て伏せ、腹トレとしてレッグレイズを行いました。

各項目10レップス×2セットなので…たった10分程度で今日のノルマは終了です(笑)。うわー物足りない〜。※夜余裕があったらトレーニングするかも。

こんな緩い感じでも継続さえできれば健康はもちろんなこと、ボディメイク(←これは言い過ぎかも?)さえ可能だと思うのです。昨日もボディについて褒められました(笑)。

「胸板が厚いですね!」と褒められた(笑)!

トレーニング開始して半年前後くらいから家族や知人に「いい体してるね!」「腕太いですねー」なんてちょくちょく褒められるようになってきている。

それこそ娘に至っては…頻繁に褒められています。←気を遣ってくれてありがとう(笑)。そうそう、トレーニングきっかけで娘との会話が増えたのは有り難い誤算でした。

今回は若い世代の女性から「胸厚いですね〜」「細く見えるのに筋肉がありますね〜」なんて言われました。

娘や家族とのコミュニケーションもそうだけど…トレーニングきっかけで会話が弾んでしまうところもトレーニングの凄いところじゃないかな。なんか、コミュニケーション能力も少し高くなったのかもしれないですね。

決して大きい筋肉では無いけど…

ジムなどでガンガンやっているトレーニーさんには全然敵わないけど…健康的にメリハリのあるボディにはなってきていると思います。

私が行っている自重力トレーニングは「カラダの連動性を生かしたトレーニング」なので、怪我も少ないし、キレのあるカラダ作りが出来ます。

ジムなどの荷重トレーニングのような「大きい筋肉は付きずらい」けど…自分の体を上手に使う・怪我が少ない・健康的なボディを作る上では数ランク以上上だと思うのです。

バストアップなら腕立て伏せ

画像はフルプッシュアップ。
画像はクローズプッシュアップ

腕立て伏せは、女性ならバストアップ&二の腕痩せ、男性なら胸筋&上腕三頭筋アップに効果的です。

負荷の弱い「膝付き腕立て伏せ」から始め、徐々にステップアップしていくのがポイントです。レップ数やセット数にこだわり過ぎず…出来るだけ正しいフォームで行いましょう。

徐々にステップアップすることが重要

怪我なくトレーニングを続ける上で重要なのが「徐々にステップアップする事」。特に筋トレ初心者は負荷のかけすぎに注意しよう。

大きい負荷に耐えられないのはいい事です。急に大きな負荷を与える事は「弱い関節などを痛める元」になるからです。

弱い負荷で徐々に関節を強くしていく事が後々にも生きてきます。筋肉と同様強い関節が出来上がり、より負荷の高いトレーニングにも耐えられるし強い健康的な体が作られていくのです。

トレーニングの頻度など

家トレ歴9ヶ月目(当時)のトレーニング頻度、セット数やレップ数をアップしています。この位のペースなら初心者の方でも続けられるレベルじゃ無いかな。

後は、自分のスキルに合ったトレーニングとワンランク上のトレーニングを行き来させながらステップアップしていくのがおすすめです。

決して無理はし過ぎず…継続できる自分なりの方法を見つけて下さい。継続して2〜3週間も経てば体調は良くなるはずです。

3ヶ月以上経つと健康はもちろんな事「自分の体の変化が見えて来る」。6ヶ月を超える辺りになると「他人からボディの変化が見えるようになって来る」。

トレーニング頻度や負荷にもよりますが…この位の時期を超えて来ると友人や職場の人から「あれ?痩せた!」「スタイルいいですね〜」など声をかけてもらうことも増えて来るはずです。

人から声をかけてもらうことも「継続の力になる」。せっかくなら健康はもちろんなこと…ワンランク上を目指し美容効果が見える程度まで頑張ってみてはどうでしょうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました