スポンサーリンク

40代後半〜公園鉄棒トレ(カリステニクス)55日目!?胸・腕の日..ディップス21回で過去最高でした!

トレーニング日記

こんにちは40代後半〜元運動不足のカズです。カリステニクス55日目は20分という短い時間ながらとても充実したトレーニングが出来ました。

カラダはだんだんと進化してきたみたいで…ディップス21レップス、片脚スクワットも右脚のみですが3レップスと過去最高を叩き出しました(笑)。

※家トレ歴13ヶ月目、ストレッチ歴11ヶ月目、ディップスタンド・鉄棒トレーニング(カリステニクス)55日目。

スポンサーリンク

公園鉄棒トレ(カリステニクス)55日目の備忘録

胸と腕の日…ディップス:大胸筋・上腕三頭筋、逆手懸垂(ナロー):上腕二頭筋..出来るだけ腕の関与を意識。

  • 逆手懸垂(ナロー):13レップス、9レップス、8レップス、7レップス、6レップス。
  • ディップス:21レップス、15レップス、12レップス、10レップス、8レップス。
  • 片脚スクワット:右脚3レップス・2レップス×2セット、左脚2レップス×3セット。
  • Lシットプルアップ(逆手):6レップス。

今朝の鉄棒トレーニング時間は、きっかり20分位。自分なりに充実したトレーニングが出来た。

ディップス21回で過去最高でした

プルアップ系の懸垂とは違い…プッシュアップ系のディップスはまだまだレップ数は伸ばせそうです。

自宅トレでの腕立て伏せの継続効果と・普段使う筋肉ということもあり、プッシュアップ系は大分楽に感じる。

大胸筋も徐々にだけど…大分大きくなった印象です。運動不足だった1年前から比べるとスタイルは驚くほど変わっています。

片脚スクワットは右脚のみ過去最高

片脚スクワットもレップ数は少ないもののフォームが安定してきた印象です。以前より下半身がずっしりとして筋肉質になってきました。

ちなみに…鉄棒トレーニングの際、スクワットをしているのは「カラダを暖める為に始めたのがきっかけ」です。

今もそのつもりで取り入れているけど…公園でのスクワットは想像以上に気持ち良かくて毎日のルーティンになっている感じかな〜。

一応、右脚では「過去最高の3レップス」「左脚ではもう間も無く3レップスに届きそう」です。

恐らく…昼間にチャレンジすれば4レップスも可能な領域に入っていると思う。年齢的なバランス感覚の崩れは早朝だと顕著に出てしまうからです。

軽く家トレもする予定

  • 腕立て伏せ:胸の上部を狙う。
  • 腹筋運動:ディップスタンドニーレイズ、ニーレイズツイスト。

今日も帰宅したら家トレを追加する予定です。ディップスは胸の中部〜下部に効くトレーニングなので…胸筋上部に効く腕立て伏せを追加するといった感じ。

あと、春先までにシックスパックを目指しているので腹筋運動もやるといった具合です。シックスパックなどは自己満足の世界だけど…目標があるのはいいものですよね〜。

中高年でもカラダはまだまだ強くなる

  1. 健康になりたい。
  2. 痛くない強い体が欲しい。
  3. 柔軟性のあるカラダが欲しい。
  4. 鉄棒の負荷に耐えられる体が欲しい。
  5. 鉄棒で様々な、パフォーマンスをしたい。
  6. 鉄棒を使って結果的にボディメイクしたい。

トレーニングを開始する1年前は運動不足による体調不良で今後のことがすごく不安でした。あの頃は精神的にも弱っていて…呼吸も浅くて本当に辛かった記憶がある。

まず最初に目標としたのは「とにかく健康になること」でした。これは運動を継続することで2週間も過ぎる頃には体調がどんどん良くなっていきました。

また、その延長線上で…ある程度の筋肉がつき・血流も良くなり「カラダの痛みやこり」などもどんどん解消されていきました。

さらに…ストレッチ歴9ヶ月頃には人生で初となる「開脚前屈までクリア」してしまいました。←これは我ながら凄い(笑)。※180度まではいかないけど…。

今は、鉄棒トレーニングを中心にやっていて「4・5・6」にチャレンジしている所です。鉄棒を自在に扱える筋力が付けば様々なパフォーマンスができる様になるし、結果的にボディメイクにも繋がるでしょう。

ちなみに…私が鉄棒トレーニングを選択したのは「最も楽しいと実感した」から。ここ1年ほどトレーニングを続けてきて「雄一楽しめたのがコレだった」のです。

中高年こそトレーニングをしよう

私がトレーニングを始めたきっかけは「健康の為」でした。これが趣味の様になればラッキーだけど…皆が趣味の様にはならないですよね〜。

ただ…運動不足は大きな病気の要因にもなるし、カラダのあちこちが痛くなりガタがきます。そうならない為にも運動習慣を持ち健康で強いカラダを作りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました