たまねぎ氷「ミキサーなし」で作る1~6の手順を写真付きで解説

ta0

今話題のたまねぎ氷の作り方です。
ミキサーがなくてもたまねぎ氷が作れるかを試してみました。

トマト氷の作り方は、こちらに記事を書きました

スポンサードリンク

たまねぎ氷の作り方のおさらい

前回の記事はこちらです。→ たまねぎ氷前回記事

材料 玉ねぎ5個(1キロ)
製氷皿 2~3枚

1.玉ねぎの皮をむく。上の部分は切り落とし、下の部分は芯を包丁でくり抜く。

2.1の玉ねぎを全部ポリ袋に入れる。このとき袋の口は閉じずに耐熱皿に
  のせ、電子レンジ600Wで20分加熱。(袋を閉じると爆発するので注意)

3.レンジから取り出しポリ袋にたまった汁ごとミキサーに入れる。

4.水200ミリリットルを加え、ピューレ状になるまでミキサーでまぜる。

5.できたものを製氷皿に流し、フタやラップをかけて冷凍する。

6.凍ったら製氷皿から取り出して、ファスナー付きの保存袋に入れて冷凍で保存。

冷凍で2ヶ月位保存ができます。

今回用意したものは

ザル、すりこぎ棒、ボールです。
あればすり鉢も用意すると楽です。(今回は使いませんでした)

まずは、たまねぎの皮をむき上の部分を切り落とし、下の部分の芯を包丁でくり抜きます。

レンジにたまねぎを入れます。写真はたまねぎ4個ですが、レシピには1キロ(たまねぎ5個)となっています。

この時に丸ごとではなく玉ねぎを半分にカットしてやってみました。
すると、たまねぎが小さかったのと、時間も20分まで途中見なかったので

たまねぎが、しなびた感じになりました。

ですが、ザルにこす時はいい感じになりました。
味見をするとこれがたまねぎの甘さ?と思うほど甘さが強く感じられます。

2度目は、たまねぎをカットしないでレンジで作ってみました。
途中様子をみてたまねぎを押してみました^^

まだつぶせる感じではなさそうです。

最終的には同じように20分レンジに入れてからザルでこしてみます。
カットしていない分だけ、繊維が潰れにくい気がします。

押しながらつぶすように、こしていくといい感じにつぶれます。
水も少しずつ入れていきます。

できたものを冷凍庫に入れて固まればたまねぎ氷の完成です。
写真(下)は2回作ったものなので、色も違っています。

1日にタマネギを50g摂取すると効果的だそうなので、たまねぎ氷は1日に2個とるのが目安です。

2ヶ月の長期保存がきくので、一気に作って保存するといいですね。
カレーやお味噌汁に入れたり、普段玉ねぎを使う代わりに使ってもよさそうですね。

最後に 

今回はザルで作りましたが、できればすり鉢がある人はすり鉢でやるほうが早いかもしれません。
ザルでもできますが、少し根気が必要かもしれないですね。

最初に作ったたまねぎがこげる手前の方が、比較的に潰しやすかったですが、
色が茶色っぽくなりました。

レンジにかけっぱなしではなく、途中で玉ねぎの様子をみたほうがいいです。
そして、レンジからたまねぎを取り出す時には熱いので、やけどをしないように

気をつけてくださいね。
作ってみて、たまねぎの甘さにはビックリしました。

たまねぎパワーで、毎日が健康で過ごせるとうれしいですね。
じゅんTA

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

40マガジンをフォローする 

スポンサードリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

2015年~ヨーグルト新商品一覧表|明治・森永・ダノン・小岩井・北海道乳業12

2015.3.7

ヨーグルト新発売・新商品一覧表|明治・森永・雪印・ダノン・カルピス・ヤクルト他

「2017年6月22日更新」 もっとヨーグルトを楽しみたい!もっと多くの人にヨーグルトを食べてもらいたい!と思い、大手メーカー...明治・…

40マガジン足つぼ特集

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る