スポンサーリンク

公園鉄棒トレ135日目!?膝が外へ向くクセが膝痛の原因だった!片脚スクワット3回まで回復(リハビリ中)〜

トレーニング日記

こんばんは、40代後半〜元運動不足のカズです。公園鉄棒トレ135日目の備忘録と膝痛のリハビリ経過、膝痛に対してスクワットの効果についてアップしました。

※トレーニング歴15ヶ月目、ストレッチ歴13ヶ月目、公園鉄棒トレーニング135日目、マッスルアップ強化期間27日目。

スポンサーリンク

公園鉄棒トレ135日目の備忘録

マッスルアップ強化期間27日目:成功するまで継続中。

  • 懸垂:13レップス、10レップス、9レップス、9レップス。
  • ワイド懸垂:6レップス、4レップス。
  • 〝順手〟Lシットプルアップ:8レップス、8レップス。

メインメニューはここまで。

  • フルスクワット:10レップス。
  • 片脚スクワット:3レップス、2レップス、2レップス。※軌道の確認とリハビリとして。
  • 片手懸垂:ネガティブ練習。
  • ディップスをフォーム中心に2セット。

今朝のトレーニング時間は25分。

片脚スクワット3回出来た(リハビリ)〜

片脚スクワットである程度のレップ数をこなせる様になった頃〝左膝に違和感と小さな痛み〟が出る様になりました。

過去最高の7レップスにのったのが4月8日なので…違和感が出てから3週間位経ったくらいでしょうか。

リハビリ的に…フルスクワットに切り替えたり→軌道を意識した片脚スクワットを1レップス→2レップスと伸ばしていき→今朝は3レップスまで伸び膝の違和感なく出来ました。

元々、左膝痛持ちであること・年齢的なこと・関節には負荷をかけ過ぎるべきで無い事を考え…片脚スクワットは10レップスを上限にしようと思っています。

片脚スクワットで10レップス程度できれば、見栄えもそれなりに付くので良いかなと…。

あとは、出来るだけ正しいフォームにして負荷を高くコントロール出来ればいいかな。

膝が外へ向くクセが膝痛の原因だった

  • 左膝のみ外へ向くクセがあった。
  • 筋力が足らないのに無理していた。

私が今回、左膝に違和感が出てしまったのは…この2点が理由です。

筋力が弱いのに少し無理したのと・左ビザが必要以上に〝ソッポを向いている〟ことで過度に関節には負荷がかかってしまったみたい。

これらはリハビリの際、膝の軌道を確認しながらやっていて腑に落ちました。あと、普段から、意識していないと〝左ひざがソッポを向いている〟ことも判明。

「あ〜なるほど」30代後半の膝痛・40代後半の膝痛の根本の原因は〝これだった〟と痛感しました。

つまり、左膝が過度にソッポを向いていることで〝膝の軟骨が過度に削れ30代で痛みが始まった〟という事です。膝周りの筋肉が痩せてしまった(運動不足)のも原因の一つかな。

膝痛にはスクワットが効果的です

膝痛予防や膝痛を改善するなら〝スクワットが効果的〟です。削れてしまった軟骨は元に戻らないけど…膝周りに筋肉をつける事で痛みも殆ど緩和出来ます。

私自身は、30代後半の膝痛・40代後半の膝痛共にスクワットで改善されています。すごく効果的だし、足腰も強くなるので…中高年こそスクワットはやるべきだと思います。

では、健康で楽しいフィットネスライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました