スポンサーリンク

50代前半〜公園鉄棒トレ170日目!?ワイド懸垂10回で過去最高!最近Lシットがマイブームです〜

トレーニング日記

こんにちは、50代前半〜元運動不足のカズです。公園鉄棒トレーニング170日目は…ワイド懸垂では過去最高の10レップスにのりました。

※トレーニング歴17ヶ月目、ストレッチ 歴15ヶ月目、公園鉄棒トレーニング170日目、マッスルアップ強化期間49日目。

スポンサーリンク

公園鉄棒トレ170日目の備忘録

  1. アーチャープルアップ(往復):3レップス、2レップス。
  2. ワイド懸垂:10レップス、8レップス、7レップス。
  3. 懸垂:9レップス、8レップス。
  4. ハイプルアップ:7レップス、7レップス。
  5. Lシットプルアップ:7レップス、7レップス。
  6. ハンギングLシット耐えられるだけ:2セット。

今朝のトレーニング時間は25分。

ワイド懸垂10回で過去最高

懸垂、ワイド懸垂の全体のレップ数は少なめだけど…アーチャープルアップ直後にやったワイド懸垂では、大台?の10レップスにのりました。

まあまあ疲れている中での10レップス…しかもワイドグリップ懸垂だったので、嬉しくて〝小さくガッツポーズ〟をしてしまった(笑)。

先ほども話した通り、懸垂・ワイド懸垂ともにレップ数は伸びていなく微妙だけど…引く力とグリップ力は〝かなりついた印象〟。

数ヶ月前やっていた懸垂より〝よりフルレンジに近づいている〟為、全体のレップ数は伸びていないといった感じだと思います。

ワイド懸垂の解説動画を紹介

ワイドグリップチンニング|懸垂(チンニング)トレーニング
  • 懸垂・ワイドグリップ懸垂の手幅。
  • ワイド懸垂の動作のコツ。
  • 外側縁、大円筋に効く理由。
  • 筋力が弱い人の注意点・解消方法。

動画が短く、解説が短く、動作が分かりやすいチュートリアル動画。

ハンギングLシットがお気に入り

こちらは、ディップスバーLシットです。

ハンギングLシットは…鉄棒にぶら下がった状態から・膝を伸ばしてL字(90度)フォームで耐える腹筋系のメニューです。

ここのところ、ハンギングLシットは毎日やっている。〝膝が綺麗に伸びたL字フォーム〟にしたいからです。

いや、ハンギングLシットに関わらず…カリステニクス全体に綺麗なフォームにしていきたい。こんな意味も込めて私的に〝結構なマイブーム〟なのです。

開脚前屈の頻度を高めています

膝を綺麗に伸ばすために〝開脚前屈ストレッチ〟の頻度も高めています。以前、頑張ってストレッチしていた時より〝大分硬くなっていて辛い〟。

そうそう、中高年になると〝膝は伸びにくくなる〟。膝が曲がり始めると…見た目年齢も上がってしまうし、膝痛などの原因にもなってしまう。

出来るだけ早い段階で体を柔らかくするアプローチはした方がいいです。若い頃の体が硬いと中高年の体が硬いは〝意味が違う〟。

中高年のカラダが硬い(骨・血管・筋肉)は、カラダの糖化状態です。血管年齢も高くなるし大きな病気の要因にもなり得ます。

ストレッチが体の糖化を緩和させる事は研究結果に現れている。ストレッチを取り入れるなら〝開脚前屈〟がおすすめです。

では、健康で楽しいフィットネスライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました