50才鉄棒トレ378日目!今朝は〝懸垂3種のグリップ〟追い込んだ!懸垂→バキバキの体を作る最高のメニュー

トレーニング日記

こんにちは、50代前半〜元運動不足のカズです。公園鉄棒トレーニング378日目は〝懸垂3種のグリップ〟で追い込んでみました。

一般人がやる自重力トレでは〝懸垂が最もカラダを変えるメニュー〟です。

懸垂は背中トレとして優秀だけど…全身のフォルムを変えるのに効果的です。環境が整うようなら懸垂は取り入れるべきでしょう。

※トレーニング歴28ヶ月目、ストレッチ 歴26ヶ月目、公園鉄棒トレーニング378日目、マッスルアップ強化期間85日目(一時中止中)。

公園鉄棒トレ378日目の備忘録。

  1. 3種懸垂一巡目:14、12、10レップス。
  2. 3種懸垂二巡目:12、8、8レップス。
  3. 3種懸垂三巡目:8、6、6レップス。
  • その場腿上げダッシュ:100レップス。
  • その場つま先立ち上下:60レップス。
  • スクワット:30レップス。

今朝のトレーニング時間は20分。

〝懸垂3種のグリップ〟やってきた

【筋トレ】背中を鍛える懸垂のやり方【広背筋】

参考にさせてもらっている懸垂のチュートリアル動画。

・・・3種のグリップで懸垂・・・

〝スタンダードグリップ→ワイドグリップ→クローズグリップ〟。これをぐるぐる回して各3セットずつ。

1回のトレーニングで3種のグリップで回したのは今回が初めて。〝スタンダードだけ〟だと飽きるので少し工夫してみました。

ドーパミンは変化を好む

〝ドーパミンは変化を好む〟。この性質を利用。

例えば、良い習慣が習慣化されているにも関わらず…飽きてしまった時や続けるのがキツいとなった時〝この性質を利用する〟と継続の力になります。

バキバキの体を作る最高のメニュー

私のカラダでは説得力は欠けるが…

懸垂は〝バキバキのカラダを作る最高のメニュー〟です。一般人レベルがやる自重力トレーニング内なら圧倒的だと私は思う。

その分、懸垂はやっぱりキツいです。

私レベルの筋力だと〝いつまで経ってもキツく感じるし、レップ数も中々伸びない〟のが現実。

その現実を打ち破ろう!と〝+懸垂強化チャレンジ〟を数日前から始めた訳です。

具体的には鉄棒トレ日は〝必ず懸垂をする〟というもの。つまり、懸垂頻度を高める作戦です。

今年中に〝懸垂をサクサク20レップス熟す〟を目指しています。う〜ん…そんなに甘くは無いかな〜。

〝食べ方と食べるもの〟に拘るとカラダは変わる

カラダを変えるには〝運動習慣〟〝良い食習慣〟を回す事で加速します。特に、私と同世代の中高年なら健康の為にやるべき事です。

〝食べ方と食べるもの〟に拘るとカラダは変わります。興味があったら参考にして下さい。

サイト内検索

コメント

タイトルとURLをコピーしました